海外研究・特別講義開設援助

情報通信分野の研究と教育の進展に貢献するために、研究者の海外での研究活動を支援するとともに、大学における情報通信教育の裾野を広げるための講義の開設を援助します。以下の3種類の援助があります。

長期海外研究援助(2018年度)

電気通信普及財団では、情報通信に関する研究(人文・社会科学分野及び技術分野)を行う研究者が、海外の大学又は研究機関の招請を受けて、海外で長期間、優れた研究活動を実施するため、その経費の一部を援助します。
締切:2018年6月30日

海外渡航旅費援助(2018年度)

海外の学会等で情報通信に関する研究発表を行う研究者(セッションの議長若しくはパネリスト等も含む)に対し、渡航費用等の一部を援助します。
締切: 4月、6月、8月、10月、12月、翌2月の各1日(通年募集)

特別講義開設援助(2018年度)

電気通信普及財団では、大学又は大学院において、情報通信に関する特別講義(人文・社会科学分野及び技術分野)を新たに開設するため、その経費を援助します。
締切:6月30日