第33回(2017年度)

※受賞者の所属は当論文賞受賞時のものです。

第33回テレコム社会科学部門の総評はこちら

受賞者からのコメントはこちら

佳作

「我が国のDMCAテイクダウンノーティスの利用実態と問題点」
 

(論文発表:情報通信学会誌 第34巻2号,2016年9月)

安岡 規貴 

審査員コメント

米国のデジタルミレニアム著作権法(DMCA)に基づくGoogleに対する削除リクエストは近年、大幅に増加している。サイトオーナーにとってはGoogleのような検索エンジンから除外される影響は多大であるが、そのリクエスト自体の濫用、不正利用も報告されている。本論文では、日本における削除リクエスト利用の実態をGoogleの透明性レポートおよびLumenのデータ分析から明らかにしている。その利用実態の解明プロセスは、明解、緻密である。考察部分が一般的ではあるが、テレコム社会科学学生賞佳作としての評価に値する論文である。